おせち料理


おせち料理の企画・製造・販売

新年の門出を祝うおせち料理。
どれほど時代が移り変わろうと、やはり日本のお正月には欠かせません。
和の食材を幅広く取り扱う当社は、
全国各地から集めた海の幸・山の幸を贅沢に詰め込んだおせち料理を毎年プロデュースしています。
ご要望に合わせたオリジナル商品のご提案も行っております。お気軽にお問い合わせくださいませ。
▼当社で制作したおせち料理の一例


 

「おせち」は「御節供」が略されたもので、
正月や五節供などの節日に神に供える食べ物のことをいいます。
現在では正月料理だけが「おせち」と呼ばれるようになりました。

おせち料理が現在のような形になったのは、江戸時代後半からと言われています。
「おせち」の素材には一つ一ついわれがあり、縁起のよい食材が使われています。
栄養や味覚のバランスが取れ、重箱の詰め方にも日本の美が現れています。

数の子 卵の数が多いことから、子孫繁栄を願う縁起ものです。
黒豆 まめで健康に暮らせるように、一年の「無病息災」を願ったものです。
昆布巻き 「こぶ」と「よろこぶ」の音の同じから、おめでたいものの代表です。
田作り カタクチイワシを干したモノで、肥料にするといい米が取れたところから豊作、
五穀豊穣を願ったものです。
お煮しめ 根野菜のごぼうは一家の土台がしっかりするようにと、蓮根は穴があいているので見通しがよいという意味があります。里芋はこいもがいっぱい付くことから子孫繁栄を願ったものです。
えび 腰が曲がるまでの長寿を願ったものです。
栗きんとん 「金団」と書き、金色をした団子のことを言い金運を呼ぶ縁起もので豊かな暮らしを願ったものです。
だてまき 「伊達」とは華やかさ、おしゃれの象徴で、華やかでしゃれた卵巻き料理のことを言います。昔の読み物は巻き物になっていたので、「だてまき」は文化の発展を願ったものです。
紅白かまぼこ 「初日の出」にかけています。
赤は邪気を払い、白は清らかな心を表しています。
金柑の甘煮 キンカンは「金冠」から宝物を意味しています。
豊かさを願ったものです。
紅白なます 紅白の組み合わせで、平安、平和を願ったものです。
めでたいに通じる語呂合わせで、七福信仰とも結びついています。

メニュー

▼業務用食材卸売市場MマートMマート

会社情報

大阪市東成区東小橋1-8-23-1F
TEL:06-6975-1001
受付時間:AM9:00〜PM18:00

a